Amazonの新サービスは、Kindle Unlimitedという名前のサービスで、月額980円(最初の30日間は無料)で対象となるKindle本を同時に10冊まで自由に読むことができる。その中には1冊1,000円以上の本もあるから、月数冊読めば元は取れる。新刊はなくて、少し前の作品ということだが、ベストセラー作品も多く、利用価値は高そうだ。これでまた少し図書館が遠のく。

このサービスで読み始めた本は、三浦綾子氏「塩狩峠」、中西秀彦氏「電子書籍は本の夢を見るか」、ポール・アダム氏「ヴァイオリン職人の探求と推理」、今のところ、この3冊だ。

三浦綾子 電子全集 塩狩峠

電子書籍は本の夢を見るか―本の未来と印刷の行方

ヴァイオリン職人の探求と推理 (創元推理文庫)

いずれも購入するとなると、結構な金額になる。

問題は、一度読んだら、次というふうに、コンスタントに読みたい本が現れるかどうかだけれど、こればっかりは、30日間試してみるしかない。