法人向けのオンラインストレージ

投稿者: | 2016年7月25日

いつでもどこでもファイルが取り出せて、保存ができる。個人でもオンラインストレージがよく使われるようになりました。複数のPCがあり、タブレット、スマートフォンがある、現代の必須アイテムです。しかし、これを企業で導入しようとした場合、やはり安全対策が必要。ここでご紹介しているのは、法人向けのオンラインストレージです。

大容量のデータの受け渡しができること。社内だけのデータ共有ができること。もちろんさまざまなデバイスに対応していること。何よりセキュリティが求められるのが法人向けのオンラインストレージです。かつては社内の汎用コンピューターで運用していたデータを社外もにとなると、一番怖いのは流出問題。個人が使っている一般的なオンラインストレージのサーバーは世界中にあって、分散しています。このどこでもキャビネットは、国際認証を取得している国内のデータセンターを利用しているので、確実です。

一般的なオンラインストレージでは、初期費用を無料もしくはできるだけ抑えて、容量が大きくなるほど料金が高くなるシステムです。このどこでもキャビネットは、1GBが月額50円からとリーズナブル。最初から50GB、100GB、1TBなど大容量を選んでおいても、費用を抑えられます。