といっても、修理して治ったわけではなく、代替機をオークションで
落札できたのです。あ、ちなみにCX5(しーえっくすご)っていうのは、
マツダのクルマではなくて、リコーのデジカメです。

今回、このデジカメを取り戻すことができて、痛切に感じたのは、
今、コンパクトデジタルカメラ、いわゆるコンデジが「不況」で
あるということ。

絶対数が、ない。

おもたーい、高級な一眼レフはたくさん店頭に並んでいます。
本当に買ってるのかなあ。ニコンやキャノンの高級機。
ぼくには必要ない。

一世を風靡したミラーレス一眼も、あまりぱっとしません。
4〜5万クラスのコンデジが流行ってるようだけど、どうなのかなあ。
一眼レフを持っている人がサブ機として買ってるだけじゃないのかなあ。

安い、デジカメはたくさん並んでいます。これはというと、
「なんでもいい、写ればいいから欲しい。」という人用です。
修学旅行に行く子どもにスマホじゃなくて、これを渡す的な。

どうやら、デジカメ不況の時代のようですね。
変化のひとつといえば、そうなのかも知れません。
デジカメの登場で、フィルムカメラ、フィルムが徐々に
消えていきました。

インスタントカメラもプリクラも、存在が薄くなりつつあります。
スマホがありますから。ケータイのときはおまけだったカメラ機能が、
デジカメ付きケータイといえるくらいになっちゃってます。

なんだかんだ、結局、タブレットのカメラ機能が充実してきたら、
今度はタブレットが主流になるような気がします。

まあ、いろいろ、変化が出てくるのかな。

コンデジの普通の機種が手に入らなくなってきたのが、
最近ちょっと残念でした。