安全運転の鉄則は、アブナイものに近づかない、ということ。クンシアヤウキニとかなんとかという慣用句もある。

まず、車間距離。大型バスやトラックのすぐ後ろをついて走るなど、とんでもない。バス・トラックが危険というよりも、前方が見えない。赤信号を無視して加速して交差点を突っ切ろうとするトラックのすぐ後ろだと、当然信号は「赤」だ。気がつかないで交差点に進入してしまう。

車間距離というのは、前方の車との間隔だけを考えるのではなくて、さらにもう1台前の車との間隔を考える。それだけ先を見るようにすれば、おのずと視界も開けてくる。後続の車から見ても、離れ過ぎることもないし、前の車のブレーキランプに合わせて、無駄にブレーキを踏む必要もない。

それでも、後続の車がやたらと迫ってくることがある。危険は前方だけじゃない。こういう車はとにかく追い越したい一心でいる。こんな車に追突されていいことは何もない。アブナイ車は、道を先に譲ろう。譲った分遅れるかというと、実はそうでもない。次の赤信号では、追い越した車が隣の車線に並んでいたりすることもあるのだ。チラッと顔を見ると、若い男性だけじゃない、老若男女問わず、急ぎたがる人はいる。

住宅街では、細い路地や障害物など、死角だらけだ。車の性能が良くなって、制限速度が変わらないのはおかしいと言う人がたまにいるが、40キロ制限は決して時代遅れなのじゃない。もちろん郊外の道路は、60キロ制限の道路でも、理論上は80キロ以上でも安全に走れるように設計されている(「道路構造令」等法規がある)。それでも市街地で40キロ以下の制限速度が設定されている道路は、その速度に意味がある。看板、急な飛び出し、自転車のふらつき、障害物。郊外の道路では、流れに乗って、ある程度は高速で走ることは許されると思うが、市街地の速度制限は「厳守」すべき。40キロ以下の標識は守るべし。

何より、車を大事に思うこと。車が大事なら、無理無謀な運転はできない。同乗者がいれば、なおさらだ。そして、できれば笑顔で心穏やかにハンドルを握りたい。