コードレス

投稿者: | 2014年11月24日

Apple MacBook Proを使い始めて、コードレスの快適さを実感している。Windowsノートでもコードレスで長時間使えるものもあったが、思い返すと、バッテリー残量は気になったし、使わない間は、なるべく電源を落とすようにしていた。そもそも、Windowsパソコンというのは、何かあると再起動を求められるものなので、スリープ状態を何度も繰り返して使うというのはあまり好ましくないという印象がある。それにスリープ状態で、バッテリーがなくなって電源が切れると面倒なのが、Windowsパソコンだった。

APPLE MacBook Pro with Retina Display(13.3/2.4GHz Dual Core i5/8GB/256GB/Iris Graphics) ME865J/A

新品価格
¥135,808から
(2014/11/24 14:48時点)

MacBook Proの場合、iPadも初代(第一世代)から使っているので、電源に関しては、iPadと同じ感覚で使えるパソコンという感じだ。必要がなければ閉じておけばいい。開くと、サッと使える。Windowsパソコンのように、画面の隅の吹き出しからエラーメッセージや意味不明な日本語(時々英語だったりする)を表示することもない。iPadも滅多に電源を切るということがないが、このMacBook Proも、キーボードの掃除をするときに短い時間、切っていた程度だ。

そういえば、電話もスマートフォンもふだんはコードレスで使う。家電話はいまだにACアダプターがコンセントにつながっているが。こんな風にふだんはポケットやかばんに入れて、外で使うことのできる電話が登場するとは思ってなかった。SFやマンガでは腕時計型のは頻繁に登場していた訳だけれども。

そのうち、あらゆるものがコードレスで、電気で使えるようになるんじゃないだろうか。そういえば、最近はテレビもコードレスのものがあるらしい(ワンセグじゃなくても)。アンテナに直接つながないで、パソコンやルーターとWi-Fiで接続する方式や、無線HDMIなどを使う方式などがあるそうです。また、Bluetooth技術によって、マウスやキーボードやスピーカーなどのパソコンの周辺機器もコードレスが一般的になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。