ウイルス対策、インターネットセキュリティ

インターネット・セキュリティコンピュータウイルス対策は、インターネットが一般的になった現代では、大きな問題です。しかも、インターネットを利用する環境がパソコンだけでなく、携帯電話、スマートフォン、タブレットなどに広がっているため、その対処方法も多様化せざるを得ない状況が生まれています。

またその影響も、単に1台のコンピュータだけにとどまらず、大規模なネットワーク、企業や団体の個人情報や金融情報に影響を与えることがあります。時には国家的な犯罪に結びつく例もないわけではありません。

コンピュータやネットワークがどんどん増えていく中で、対策を徹底することは、容易なことではありません。それでもたった1台のコンピュータであっても、何もしないではなく、何らかの対策をとっておくことは今ではモラルとも言えるでしょう。今や、ネットワークの世界は残念ながら鍵をかけないでも安心して暮らせる田舎ではなく、犯罪が多発する都会の中のマンションの1室のような状況なのです。運が良ければ、鍵のかかっていない部屋で、ドアを開け放して暮らしても無事でいられるかもしれませんが、誰かに入られる可能性は日々高くなっています。

さて、このような状況にあっても、あなたは、ただ便利に楽しくパソコンを使いたい一個人なのだと思います。面倒なことはよくわからない。そういう方が実際にたくさんいます。

そこで、パソコンを作っているメーカーは、パソコン自身がセキュリティ能力を身につけた状態で出荷してユーザーに届けようと努力をしています。セキュリティプログラムがあらかじめインストールされた状態だったり、OS(オーエス=WindowsもOSのひとつ)そのものがセキュリティ対策を含むように設計されていたりします。あなたはパソコンを使っていくうちにさまざまな局面に出会い、パソコンが表示するメッセージにひとつひとつ対処することで、その安全性を確保したままで使い続けることが可能となります。つまり、あなたに必要なのは、パソコンが表示するメッセージを理解することと、それに対して適切に対処することです。そしてそれは決して難しいことではありません。

注意すべきは、あなたを含む不特定多数の中の一人をだます目的で故意に作られたメッセージがインターネットに接続されたパソコンの画面上に表示される可能性があることと、悪意のない広告のように見せかけた広告が、Web上に表示されるか、メールで送られてきます。



より安心したい方は、市販の優秀なインターネットセキュリティソフトを使うことをおすすめします。最新のソフトは、同じアカウント情報を持つさまざまな端末を保護します。スマホやタブレットのために別々に対策をする必要がありません。