デジタルカメラ

 これまで使っていたデジタルカメラ、リコーCX5が以前から不調だったのが、とうとう起動しなくなった。今のところどうしても必要というわけではないが、必要に迫られるようになったときに慌てないようにしたい。そして、もしこれならと思う機種があれば購入しておきたい。

 CX5を使っていた理由は、持ち運びに便利だからに尽きる。新しく購入するとしても、コンデジでいい。デジイチやミラーレスにも魅力を感じるところだが、もともとカメラは普段必要とはしていない。ちょっとメモ程度なら、スマートフォンにも、iPadにもカメラ機能はある。

 写真を撮ったとしても、まずプリントアウトはしない。Web上にそのままアップできる解像度があればいい。CX5の1000万画素は、そういう意味で「ちょうどいい。」もちろん、2000万画素あっても、解像度を落として使えばいいが、なるべく無駄はない方がいい。

 ズームは35mm換算で28〜300mmと、これも実にちょうどいい。F値は3.5〜5.6で、もう少し明るいといいかなという場面はなかったわけではない。が、不満というわけでもなかった。オートフォーカスそのものにも不満はなかった。修理に出そうか・・・。とも、もちろん考えた。見積もって、2万円弱。この金額なら、新しいカメラを買えるんじゃないか。そう思って、いずれは修理に出すかもしれないが、購入を検討している。

 ペンタックスQ10ダブルズームが、22,800円で近くのヤマダ電機にあった。この大きさなら、携帯性はコンデジとそう変わらない気もする。レンズ1本でも2万円くらいする。かなりお得感がある、かなり迷った。でも、性能的、画質的にはコンデジと変わらないのであれば、今後このレンズを生かす予定がなければ、無駄になる。

 ある電化ショップには、キャノンのEOS M初期型モデルのダブルズームキットが3万円くらいであった。ミラーレスはこの辺で見切りをつけた。やはり納得できる商品ではない。

 コンデジに絞って、ソニーサイバーショットRX100、魅力的だ。でも1インチはいらないかな。それに予算オーバーだ。フジXQ2、ショップで触って、一番扱いやすそうだった。オリンパスSH-1、ひとつ前のモデルで、格安だ。ニコンS9700、これも型落ち狙い。ちょっと大きめだなあ。光学10倍ズームのCX5でも少し大きいと感じていたので、ニコンやキャノンの30倍ズーム機は外してもいいだろう。

 さてさて、なかなか、辿りつけない。多少、楽しみながら、カメラ選びをしている今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。